純金金貨 ウィーンハーモニー

純金金貨(ウィーンハーモニー)はオーストリア政府が品質を保証する純金の法定通貨です

純金金貨 ウィーンハーモニー

金貨の表面にはウィーンフィルハーモニー管弦楽団の定期演奏会場のパイプオルガン
裏面にはホルン•ハープ•チェロ•ビオラ•バイオリン•ファゴットといった6種類の管弦楽器がレリーフされています

純金金貨 ウィーンハーモニー

品のある芸術性の高い魅力あるコイン

お買い上げくださり有難うございました

ジュエリー 岡田彫金工房



 

K22をつくります

純金, 純銀, 純銅

目方を正確に量って、純金に純銀と純銅を混ぜる準備をします。

22金ですから、純金が91.66パーセントになるように計量しました。

あとは良い性質の金地金になるように丁寧に熔解します。

純金受注品

純金リング オリジナルハンドメイド 鍛金彫金

ご注文主のオリジナル品として何度も制作をお承りしています。

指輪幅は12ミリあり、ゴールドは下部まで同じ太さで平打ちのまま。

厚さ2ミリでずっしりと重くよく輝く純金指輪です。

 



純金 鍛金 彫金 カレー ハンドメイド オリジナル品

シンプルで素朴な純金カレー皿です。

一枚が1キログラム以上になるように直径と厚さと強度を考慮して、純金インゴットから鍛造創作させていただきました。

純金地金を金鎚で何万回も叩いて、三枚の純金カレー皿が同じ形になるように手づくりしています。

内側は清潔感のある緻密で光沢のある仕上がりです。

 


 

鍛金彫金 オリジナルデザイン ハンドメイドゴールド 四角い

純金の四角い器です。

お客様がお手持ちの2Kgの純金インゴット(1kgバー2本)から、仕上がり重量1.6Kgの深く四角い器を創作するご注文をいただきました。

一辺が20センチあり、全体が純金のみでできていますのでずっしりと重いです。

どの場所もロウ付けをしないで鍛造彫金で制作いたしました。

完成時点の材料費は480万円でした。
( お手持ちインゴットでしたから地金相場には関係がありませんが、2017年度現在にお創りした場合は、この器の材料費は800万円位ということになります。)

純金リングをサイズ大きく

純金指輪 ゴールド お直し リング 修理

純金リング 鎚目 ゴールド 光沢 仕上げ

純金の指輪サイズが小さいですので、7ゲージ位大きくいたします。
また、表面に施されていた鎚目仕上げが長年のご使用で丸く埋まったようになっていますので、改めてしっかりと鎚目模様を付けたいとのご希望を頂きました。

指輪サイズのお直しと鎚目打ちを並行して、何度か繰り返して予定のサイズや幅や模様にできあがりました。

内側が少し中空になっていますので、叩くとへこんだり曲がったりしてきれいな形に持っていくことは至難でしたが、サイズぴったりに硬い指輪に仕上がり、模様もご満足いただけました。

ジュエリー 彫金 Y.Okada / 岡田彫金工房