ゴールドのチャームを付けました

お客様のタヒチ真珠ペンダントネックレスです。

K18イエローゴールドチェーンの赤い印しのところで揺れていたチャームが、いつのまにか無くなっていたそうです。

丸カンの口が開いてチャームと共に落ちてしまったのでしょうね。

丸カンをロウ付けして、ご用意したハート形のプレートが動くように付けました。

これで丸いスライド金具からチェーンが抜けなくなります。

また素敵なタヒチ真珠を胸元でお楽しみくださいね。

ありがとうございました。

 

K18アズキチェーンをロウ付け

細いゴールドチェーンをロウ付け

切れてしまったK18イエローゴールドのアズキネックレスをつなぐ、お直しのご依頼をいただいていました。

左上の画像は、切れていたチェーンのコマに切れていないコマを引っ掛けて、口を閉じ、ピンセットで挟んだところです。
わずかに見えている青色の印しのコマが切れている方、赤い印しのコマが切れていない方です。

右上は、フラックスを塗って、金ロウを置いた時の画像です。

楕円形のチェーンのひとコマは、外寸で長い方が1.4ミリ短い方が0.8ミリ、金線の太さは0.25ミリです。
コマの内側の隙間にはノギスが入りませんが、0.9ミリと0.3ミリと思います。

左下は、炎を当ててロウ付けを済ませたところです。
フラックスが溶けてガラス化し、ロウの上やコマの内側に盛り上がって付いていることが分かります。
ピンセットの一部に付いていたフラックスも溶けてガラス化しています。

右下は、背後にスケールを置いて撮ってみました。

このあとは余分にはみ出たロウを0.05ミリほど削って、磨き仕上げをしていきます。

ジュエリーリフォーム/フルオーダー 岡田彫金工房