チタンで結婚指輪を検討していますが…


Q:

「…いくつかお教えいただけますでしょうか?

色々調べていると 色が黒いもの、シルバーのもの、シルバーとゴールドの混ざったような鈍い色のものなど色々あるのですが、色は希望によって変えられるのでしょうか?変えられるとしたら一本ずつ違う色というのも可能でしょうか?

チタンは変形しづらいものだと思いますが、細く(2mmくらい)なるとやはり変形しやすくなりますか?日常生活程度であれば問題ないのでしょうか?


A:

純チタンは、金属アレルギーのかたにも安心してお使いいただけるとても素晴らしい素材です。
当工房の『フルオーダーチタンマリッジリング』で金属アレルギーを発症された方は現在まで皆無ですので、安心してお使いいただけます。

目方はプラチナの5分の1くらいの軽さで、硬さはその何倍もあります。
2ミリ幅で1.5ミリ位の厚さのチタンリングは、普通のご使用では曲がることはありません。

20数年間で唯一「曲がった」とのご連絡を頂いたのは、大工さんが直径1ミリの針金状のチタンマリッジリングを指に着けたまま金鎚仕事をされた時だけです。
ほんの僅かに楕円形になっていましたので、お預かりして丸くお直しさせていただきました。
その後は気を付けておられるようですので、曲がることはありません。

「色」につきましては、以前は色付けしたお品も制作しておりましたが、イメージに合う発色ではなかったり、数日で退色してきたリ、使用中に鞄や壁などと何度も擦れると色が剥げきれいではなくなったりしますので、2000年以降は色付けしたチタンリングは制作しておらず、素材そのままの銀色に価値を置き喜んでいただいております。

当工房ではフルオーダーチタンマリッジリングを、旋盤による切削加工ではなく、着け心地よく一本ずつ本当の手づくり鍛金創作しておりますので、どのような新しい指輪デザインでもきれいにおつくりすることが可能です。

また、当工房制作のチタンリングはサイズを大きくお直しすることが可能です。


 

アールデコタイプのリングに制作

手作りオリジナルリング

アールデコタイプのリングです。
地金の見えるすべての部分にきれいなダイヤモンドをセッティングいたしました。

周囲はミル打ちで囲んであります。
正確さを心がけました。

ジュエリー Y.Okada 岡田彫金工房



 

ブルートパーズK18リング

ブルートパーズリングにリメイク

姫路市のお客様がブルートパーズのルースをお持ちくださり、斬新なオリジナルデザインの18金指輪をご注文くださいました。

きれいに出来上がりとても喜んでいただけました。
ありがとうございました。

ジュエリー 彫金 Y.Okada



 

プラチナの翡翠リングにリフォーム

プラチナひすいリングにリフォーム

グリーンのきれいなヒスイをオリジナルデザインのプラチナリングにリフォームさせていただきました。

指輪の両肩部分にダイヤモンドが入って、両サイドに模様が手彫りされています。

 

ジュエリー 彫金 Y.Okada



 

ルビーリングにリフォーム

リフォーム K18ルビーリング

シンプルなルビーの指輪とお預かりしたメレーダイヤを使用して、場面の広い指輪にリフォームするご注文をくださいました。

ルビーを横使いしてイメージチェンジし、ダイヤモンドを周りに埋め込みしています。

ジュエリー 彫金 Y.Okada



 

ダイヤモンド100個のエメラルドリング

 

リフォームのエメラルドリング ダイヤモンド100個

お手持ちの指輪やペンダントの中石や脇石を活用して、オリジナルデザインのハイジエリーがきれいに完成いたしました。

センターにエメラルドを、その脇に大き目のダイヤモンドを、さらにメレーダイヤモンドはいくつか追加して合計で100個パヴェセッティングしてあります。

プラチナの中に埋め込んで、エメラルドを保護した感じにデザインされています。

ジュエリー Y.Okada 岡田彫金工房



 

ブルーサファイアペンダントトップを指輪にリフォーム

プラチナブルーサファイアペンダントトップ 右へ矢印 プラチナブルーサファイア指輪にリフォーム

プラチナでハンドメイドされたブルーサファイアペンダントトップを、指輪にリフォームするご注文を頂きました。

元のペンダントは形や石座パーツやロウ付けなどの「つくり」が正確でとてもきれいですので、そのままを使います。

お手持ちの他のゴールドとプラチナで作られたコンビリングを活用して、サイズ合わせをしてからサファイア部分とバランス良く一体化します。

加工時に地金の温度が800度位にはなりますので、サファイア・ダイヤモンドなどの宝石を一旦外します。
その後、リング部分をロウ付けし、再石留めいたしました。

サファイアの爪がとても硬かったり一部分のロウ付けが外れたりして、初めの予想よりかなり手数がかかりました。

そして、センス良くまとまったお洒落なオリジナルリングに完成することができました。

喜んでいただけました。

ジュエリーリフォーム/フルオーダー 岡田彫金工房



 

ルビー指輪を帯留にリフォーム

約30カラットのルビー指輪 右へ矢印 ルビーの帯留め

30カラット近くの大きいルビーが入った指輪を帯留にリフォームするご注文を頂きました。

慎重に爪を起してきれいにルビーを外してから、ホワイトゴールドの腕部分をカットして、アールの付いた指輪下部を平らに修正加工し、ちょうど帯が通る大きさに金具を作ってバランス良くロウ付けします。

指輪馴染み部分を工夫してきれいに平らにし、腕を取り去ったあとの空間をバランスよく透かし加工出来ています。

ルビー帯留めの裏側

ルビーが欠けないように慎重に石留めし、最終研磨後、プラチナ仕上げを施してきれいに完成することが出来ました。

ジュエリーリフォーム/フルオーダー 岡田彫金工房