珊瑚のリング

珊瑚の帯留めを指輪に加工するご依頼を頂きました。

サンゴ帯留

デザインは変えないで、とのご希望です。
元の枠を利用してシンプルな指輪にして欲しいとのご依頼ですので、石座を補強してからリング部分と結合させました。

サンゴ帯留めを指輪に

半球の珊瑚はピカピカに照り出し研磨をしました。
元は大粒で貫通穴の開いた丸球のようでしたが、半分にカットされて帯留めに制作してありました。
下部が特に汚れていましたので、きれいな照りが出るように丁寧に加工しています。

帯留め枠は形を整えて、補強加工をしてからリング部分にバランス良くロウ付けしました。

 

珊瑚, リング, 加工 サンゴ帯留めを指輪にリフォーム

珊瑚リングにリメイク

珊瑚リングの加工が完了しました。

 

K18イエローゴールド赤珊瑚ペンダント

赤珊瑚ペンダント サンゴのリフォームジュエリー

赤珊瑚をペンダントトップに制作加工するご注文を頂いていました。

キャップのデザインを他の形に作りかけましたが、コップ形のほうが珊瑚にマッチしますので、初めに予定したシンプルスタイルを選んでいます。

K18イエローゴールドの板地金を制作加工してから、サンゴの形に合わせてコップのような形に手作りです。

チェーンの通るバチカンはクルクル回って、珊瑚がどちらを向いても自然と身体に沿うようになっています。

きれいにリフォームジュエリーを完成することができました。

いつもご注文くださり誠にありがとうございます。

ジュエリー 彫金 Y.Okada



 

K18イエローゴールド パールブローチ

K18イエローゴールド真珠帯留めをリフォーム

美しい大粒のアコヤ真珠を真ん中に、5個並んで帯留に仕立ててあるお母様のジュエリーです。

リメイクのご相談を頂き、この形をベースに素敵なブローチにリメイクすることになりました。

いろいろ試行錯誤してデザインをたくさん描き散らし、それらの絵をまとめてから清書し、完成デザインにしお客様に見ていただきます。

形が エンドウ豆のよう との発想から、初めの帯留のデザインをエンドウ豆に見立ててツルや葉を追加加工して、ブローチにリメイクすることになりました。

K18イエローゴールドでリフォーム

帯留めを加工してブローチにリメイクするご依頼品の制作が、ほぼ終盤に近づいてきました。

デザイン画のように出来ましたので、あとは細部の調整と仕上げの工程に入ります。

18金の帯留めをパールブローチに リフォーム ジュエリー

裏側には鉄砲金具と呼ばれるしっかりとしたブローチ金具をロウ付けしてリフォームしています。
右上のハート部分に良く輝くきれいなダイヤモンドをお入れしました。

見違えるほどになりました、と、とても喜んでいただけました。

ご注文くださり誠にありがとうございます。

ジュエリー 彫金 Y.Okada



 

ダイヤモンドの周りをメレダイヤモンドで

お買い上げいただいた指輪デザインとほぼ同じような感じにもう1本、立爪ダイヤモンドリングからリメイクいたしました。
ご姉妹で同じ雰囲気のダイヤモンドリングをお着けになられます。
こちらの中石ダイヤモンドは0.7カラット余りあります。

プラチナダイヤモンドリング

ジュエリーを作る時は、時代に合わせて費用と時間とを勘案し最適な方法で制作加工をしていますが、ここではほぼ手の技術で作ったものだけを選んでご紹介しています。

ワックスで指輪の元型を作る方法も日々進化して、初期の蜜蝋からバリエーション豊富に分化し、手作業で蝋を伸ばしたり、道具を使って手で削ったり、パソコンのデータで削ったり、光をあて積層で形を作ったりし、手から機械へ機械からから電子へと制作方法が変遷しています。
今では合成樹脂が必需素材になりました。

このデザインのリングは、ハードワックスを彫って形を作りました。
プラチナにキャストするとほんの少し地金が収縮しますので、制作の初めの段階でその寸法も勘案して少し大きめにつくります。

またこのあとヤスリで削り鋳肌を整えますので、そのための余分の厚さも考えに入れてワックスのリングを作っています。

ハードワックスを手彫りした段階で、リフォームジュエリーのすべての良否が決定されますので、慎重に制作をいたしました。

きれいにキャストできますと、プラチナリングに磨き加工を施します。
指輪が予定の寸法とピッタリ合って出来上がりますと、メレダイヤをきれいに並べて石留めすることができます。

同時に制作加工を承りました他アイテムのお品から外したダイヤモンドと、新たに追加したダイヤモンドを一緒に合わせてこの指輪を制作しています。

プラチナで予定していた計算上の目方よりも1割ほど余分に目方が付きましたが、しっかりときれいに完成いたしました。

とても喜んでくださり嬉しいです。

またのご依頼を心からお待ちしております。
いつもありがとうございます。

 

ジュエリーリフォーム/フルオーダー 岡田彫金工房



 

スフェーンペンダントにリフォーム

プラチナスフェーンリング
プラチナでリングに作られたスフェーンを、ペンダントにリメイクするご依頼をいただきました。

三本の爪の形やバチカン部分やサイドの透かしのデザインが試行錯誤のしどころです。
ダイヤモンドでネックレス金具を作るデザインにもできます。
そして、オメガネックレスにペンダントを通して、スフェーンひとつだけが存在感を発揮するデザインをいくつか考案しました。

その結果、マーキース形の金具とハートの爪と透かしをお選びくださいました。
両サイドのダイヤモンドは、ご返却することも買い取りさせていただくことも可能です。

スフェーンのペンダント加工工程

K18イエローゴールドの地金を伸ばしたり曲げたり、ロウ付けしたり磨いたり。
バランス良く、きれいに創り進めました。

スフェーンペンダントの透かし部分

2ミリの透かし部分はハート形のパーツを作って嵌め込んでいます。

K18イエローゴールドの爪をそっと曲げてハートに形づくり、デリケートなスフェーンを丁寧に石留めしました。

K18イエローゴールドオメガネックレスにスフェーンペンダントが

きれいに完成して無事にお手元に納品できました。
とても喜んでくださいましたので嬉しかったです。
オメガネックレスのスフェーンペンダントはお客様の胸元で素敵に輝いています。

オーダーくださり誠にありがとうございます。
またのご来店を心からお待ちしております。

ジュエリーリフォーム/フルオーダー 岡田彫金工房