あこやパールピアスを

18金, 真珠, ピアス

真珠のピアス。

片方を失ってしまったので、と、同じようにもう片方を作るご依頼を頂いていました。

ほぼ同じ大きさで、色で照りで巻きでと条件の合うあこや真珠を探して、ベストな一粒でピアスに。

ダイヤモンドが真珠の横に並んでいますので、K18イエローゴールド地金でパーツの加工から。

4本爪は16金ロウで直径1.3ミリのパイプにロウ付け、金地金を熔かさないように気をつけます。

横バーには14金ロウで、ピアスポストの皿には10金ロウでロウ付けしています。

上手く加工できましたので、全体をきれいに磨いて、ダイヤモンドを石留めし、爪をメインに再度最終研磨を施して、パールを接着できると、完成。

納品待ちの段階に入りました。

いつもご注文くださりありがとうございます。

ダイヤモンドピアスを制作

Pt900, ダイヤモンド, ピアス

お父様のタイピンをリメイクするご依頼を頂いていて、この度納品させていただきました。

中石の横に付いていたダイヤモンドは脇石から主役に変更して、プラチナでピアスに制作です。

縦に3個ずつ並べるデザインと三角形に形作るデザインからは、三角形を選んでくださいました。

プラチナ900の地金素材で板と丸線を作り、形を整えて爪やポストをロウ付けしています。

石留めを済ませて、全体に光沢仕上げを施して、可愛いダイヤモンドピアスが完成です。

これからお孫さんの耳元で輝きます。

ご注文くださり誠にありがとうございました。

ダイヤモンドでピアス

リメイク, プラチナピアス, ダイヤモンド

リフォームのご依頼を頂き、中石はリングにリメイクして、6個の脇石でピアスを作ることになりました。

デザインは、ダイヤモンド3個ずつを縦に並べることもできますし、三角形にすることもできます。

三角形にすることを選ばれましたので、プラチナ地金を融かして準備し、ピアス本体の制作を始めました。

ダイヤモンド石座の一辺は約4ミリです。

ダイヤモンドを留める爪はプラチナの塊りを針金状に加工して、三角形の本体部分に一本ずつロウ付けしていきます。

シンプルで可愛いピアス、完成まで道半ばです。お楽しみに。

(2017.12.23)

テーパーダイヤモンドピアス 完成

ホワイトゴールドにテーパーダイヤモンドが入ったピアスです。
片方が無くなってしまったので、同じ感じに作ってワンセットにするご依頼を頂きました。

テーパーダイヤモンドをご用意

片方が無くなってしまったテーパーダイヤモンドのピアスは、いろいろな方法でもう片方を制作することが可能です。

各パーツを作りながらロウ付けしていく、ワックスを彫って形作る、CADで立体制作する、厚い板地金をタガネで彫り崩して彫金技法で作る、などのことも出来ますね。

いくつかの選択肢の中から、鍛造地金を『 十 』に加工して、ダイヤモンドがきれいに収まるように幅と長さを合わせてタガネなどで石座を掘り込む方法を選びました。

テーパーダイヤモンドがご用意できましたので、制作に入ります。

地金を金鎚で叩いたり糸鋸で切ったりタガネで彫ったりする手づくりの彫金技法で制作を進めています。

地金にテーパーダイヤが入るようにタガネでミゾをつけて、ドリルで窓をあけて、ダイヤモンドがぴったりと納まるように削り込んで、石とダイヤモンドをすり合わせて様子を見ている段階までの画像です。

同じ形に作って、このあとは全体をきれいに磨いてからピアス金具をロウ付けして、ダイヤモンドの石留め工程に入ります。

テーパーダイヤモンドなどのテーブル面が揃って上を向くように石留めをします。

その後、光沢が最大限になるようにきれいに磨き、最後はロジウムメッキを施すプラチナ仕上げをします。

完成しました。

納品時、一目見て
「 どちらがどちらかわからないですね。同じですね!」と喜んでくださいました。

ご注文くださり誠にありがとうございました。

ジュエリーリフォーム/フルオーダー 岡田彫金工房