ピアスを美しくリメイク

シルバーピアスをリメイク

お客様からお預かりしていましたシルバーのピアスリメイクが出来上がりました。
すっかりイメージチェンジしています。

シルバーピアスを真っすぐにリメイク

板状のパーツの先が曲がっていて耳たぶに着けにくいので、真っすぐに形を変えるご依頼でした。

曲がっている個所を直線に曲げ戻すと、地金の表側が縮み内側が伸びますのでしわが寄ったりヒビが入ったりします。硬化しすぎていると折れたりします。

そこを工夫して真っすぐにし、きれいに光らせて仕上げます。

ドーナツ形のパーツは金色で、直線の板はプラチナ色でのご注文でした。

完成しました。

 

シルバーピアス リメイク 岡田彫金工房


 

ティファニーピアスがペンダントに


お客様から先日お預かりしましたティファニーのピアス片方でペンダントトップをお作りしました。

ピアスポストを余すところなく全体を使ってネックレスチェーンの通る金具に作り変えています。
硫化した黒ずみは酸処理してシルバー本来の色に戻し、小傷やくすみは磨いてきれいに輝かせました。

出来上がったことをご連絡済みですので、納品待ちです。

ティファニーのピアスで

リメイク シルバー ペンダント

たっぷりと量感のあるシルバーのピアスをペンダントトップにリメイクするご依頼を頂きました。

このまま全部を活用して、少し小キズが付いているところはきれいにメンテナンスいたします。

片方だけになっても新しいアイテムに生まれ変われるのでお値打ちですね。

ティファニーの刻印などはそのまま残って、お手持ちのチェーンでもうすぐ胸元に輝くことが楽しみですね。

制作加工が出来るまで、もうしばらくお待ちくださいね。

ブルートパーズイヤリングをピアスにリフォーム

K18ブルートパーズイヤリングをピアスに

K18イエローゴールドのイヤリングをピアスにリメイクするご依頼を頂きました。

宝石はトルマリンとブルートパーズが石留めされています。

初めの工程は、まず石外しから。

金具をカットして、周辺をきれいに加工して、その後、K18のピアスポストをロウ付けします。

正確な位置にしっかりとロウ付け出来れば、改めてトルマリンなどの宝石を石留めし直します。

尖った先が細くて薄いマーキースカットの宝石の場合には、石留め加工中に割れたり欠けたりすることもありますので、特に慎重に加工します。

K18ブルートパーズピアスにリフォーム

石外しも無事に出来て、ポストのロウ付けも正確に完了し、再石留めもきれいにできました。

ピアス全体に照り出し加工を施して完成です。

ブルートパーズも輝いています。

ジュエリーリフォーム/フルオーダー 岡田彫金工房



 

イニシャルピアスを片方制作

ダイヤモンドピアスの片方が無くなってしまったので、同じように制作してほしい、というご依頼をお客様から頂きました。

お名前の頭文字で気に入られてとても大切にされていたお品です。
左上画像のようにキャッチ部分だけが残っています。

ブルーのハードワックスで同じ寸法に制作することにしました。

下部は、ワックスを金属にキャスティングできた時の画像です。

ホワイトゴールドピアス加工

1辺の寸法は7ミリに作っています。

加工工程の7割あたりまできましたので、あとは石座を作っていくことや、ポストの取り付けや石留めを行います。

その後、磨き仕上げやロジウム加工が待っています。

イニシャルピアス制作

ポストのロウ付けも完了し、ダイヤモンドも入って、9割方完成に近づいた時の画像です。

このあと最終仕上げを施してぴかぴかにし、お客様に納品させていただきました。

とても喜んでくださいました。

ご依頼くださりありがとうございました。

ジュエリーリフォーム/フルオーダー 岡田彫金工房



 

あこやパールピアスを

18金, 真珠, ピアス

真珠のピアス。

片方を失ってしまったので、と、同じようにもう片方を作るご依頼を頂いていました。

ほぼ同じ大きさで、色で照りで巻きでと条件の合うあこや真珠を探して、ベストな一粒でピアスに。

ダイヤモンドが真珠の横に並んでいますので、K18イエローゴールド地金でパーツの加工から。

4本爪は16金ロウで直径1.3ミリのパイプにロウ付け、金地金を熔かさないように気をつけます。

横バーには14金ロウで、ピアスポストの皿には10金ロウでロウ付けしています。

上手く加工できましたので、全体をきれいに磨いて、ダイヤモンドを石留めし、爪をメインに再度最終研磨を施して、パールを接着できると、完成。

納品待ちの段階に入りました。

いつもご注文くださりありがとうございます。

ダイヤモンドピアスにリフォーム

プラチナダイヤモンドピアスにリフォーム

プラチナを融かして、ダイヤモンド6個でピアスをワンペア手作りしました。

本日納品させていただきます。

ご注文くださり誠にありがとうございました。

ダイヤモンドピアスを制作

Pt900, ダイヤモンド, ピアス

お父様のタイピンをリメイクするご依頼を頂いていて、この度納品させていただきました。

中石の横に付いていたダイヤモンドは脇石から主役に変更して、プラチナでピアスに制作です。

縦に3個ずつ並べるデザインと三角形に形作るデザインからは、三角形を選んでくださいました。

プラチナ900の地金素材で板と丸線を作り、形を整えて爪やポストをロウ付けしています。

石留めを済ませて、全体に光沢仕上げを施して、可愛いダイヤモンドピアスが完成です。

これからお孫さんの耳元で輝きます。

ご注文くださり誠にありがとうございました。

ダイヤモンドでピアス

リメイク, プラチナピアス, ダイヤモンド

リフォームのご依頼を頂き、中石はリングにリメイクして、6個の脇石でピアスを作ることになりました。

デザインは、ダイヤモンド3個ずつを縦に並べることもできますし、三角形にすることもできます。

三角形にすることを選ばれましたので、プラチナ地金を融かして準備し、ピアス本体の制作を始めました。

ダイヤモンド石座の一辺は約4ミリです。

ダイヤモンドを留める爪はプラチナの塊りを針金状に加工して、三角形の本体部分に一本ずつロウ付けしていきます。

シンプルで可愛いピアス、完成まで道半ばです。お楽しみに。

(2017.12.23)

テーパーダイヤモンドピアス 完成

ホワイトゴールドにテーパーダイヤモンドが入ったピアスです。
片方が無くなってしまったので、同じ感じに作ってワンセットにするご依頼を頂きました。

テーパーダイヤモンドをご用意

片方が無くなってしまったテーパーダイヤモンドのピアスは、いろいろな方法でもう片方を制作することが可能です。

各パーツを作りながらロウ付けしていく、ワックスを彫って形作る、CADで立体制作する、厚い板地金をタガネで彫り崩して彫金技法で作る、などのことも出来ますね。

いくつかの選択肢の中から、鍛造地金を『 十 』に加工して、ダイヤモンドがきれいに収まるように幅と長さを合わせてタガネなどで石座を掘り込む方法を選びました。

テーパーダイヤモンドがご用意できましたので、制作に入ります。

地金を金鎚で叩いたり糸鋸で切ったりタガネで彫ったりする手づくりの彫金技法で制作を進めています。

テーパーダイヤモンドピアス加工

地金にテーパーダイヤが入るようにタガネでミゾをつけて、ドリルで窓をあけて、ダイヤモンドがぴったりと納まるように削り込んで、石とダイヤモンドをすり合わせて様子を見ている段階までの画像です。

同じ形に作って、このあとは全体をきれいに磨いてからピアス金具をロウ付けして、ダイヤモンドの石留め工程に入ります。

テーパーダイヤモンドなどのテーブル面が揃って上を向くように石留めをします。

その後、光沢が最大限になるようにきれいに磨き、最後はロジウムメッキを施すプラチナ仕上げをします。

テーパーダイヤモンドピアス

完成しました。

納品時、一目見て
「 どちらがどちらかわからないですね。同じですね!」と喜んでくださいました。

ご注文くださり誠にありがとうございました。

ジュエリーリフォーム/フルオーダー 岡田彫金工房