ダイヤモンドピアスを制作

Pt900, ダイヤモンド, ピアス

お父様のタイピンをリメイクするご依頼を頂いていて、この度納品させていただきました。

中石の横に付いていたダイヤモンドは脇石から主役に変更して、プラチナでピアスに制作です。

縦に3個ずつ並べるデザインと三角形に形作るデザインからは、三角形を選んでくださいました。

プラチナ900の地金素材で板と丸線を作り、形を整えて爪やポストをロウ付けしています。

石留めを済ませて、全体に光沢仕上げを施して、可愛いダイヤモンドピアスが完成です。

これからお孫さんの耳元で輝きます。

ご注文くださり誠にありがとうございました。

ダイヤモンドエンゲージリング

テーパーダイヤモンド, エンゲージリング, 鑑定書

1.5ctアップの美しいダイヤモンド。

エンゲージリングとしてプラチナで制作を承りました。

左右に長いテーパダイヤモンドが入った素敵なデザインです。

鑑定書付きの素晴らしいダイヤモンド婚約指輪が出来あがりました。

スターサファイア

お客様が外国でお買い求めになられたスターサファイア。

くっきりと6本のスターが出る良いお品です。

ダイヤモンドをたくさん使ったプラチナリングに制作中です。

プラチナダイヤモンドリング

Pt900のダイヤモンドリング

Pt900のダイヤモンドリングです。

指輪の厚さがしっかりと取られていて、ダイヤモンドがほぼ全体に入っています。
良く輝くダイヤモンドは、ひとつひとつ四角い枠の中に4本の爪で石留めされて、丈夫な作りです。

サイズお直しが完了しましたので、納品させて頂くことができます。

お買い上げくださり誠にありがとうございました。

ジュエリー Y.Okada 岡田彫金工房



 

ダイヤモンドとルビーの石合わせ

ルビーリング 石合わせ

これは完成した後の画像ですが、お預かりした時はルビーとダイヤモンドがそれぞれ1個ずつ外れ落ちて無くなってしまっていました。

原因は、宝石を固定している爪が折れて無かったり、擦り削れて小さくなっていることでした。

指輪をお預かりしてから、ルビーとダイヤモンドの寸法を測り、形と大きさと品質と、可能な限り色が合う宝石をお探ししました。

ご用意できましたので、ロウ付けで爪を立て直し、石座を宝石に擦り合わせて、慎重に石留めし、ヘラ加工と最終磨き加工を施して、きれいに完成いたしました。

また今までのようにお使いいただけます。

お客様がとても喜んでくださいました。

たいていの事柄には対応できますので、どうぞご安心ください。

ご注文くださり誠にありがとうございました。

ジュエリー Y.Okada 岡田彫金工房



 

プラチナダイヤモンドリング

二列になったプラチナのダイヤモンドのデザインリング。

お買い上げくださり誠にありがとうございます。

ジュエリー 彫金 Y.Okada / 岡田彫金工房

 



 

ループ 2012 D

『ループ 2012 D 』

銅 鍛金作品

O R I G I N A L
銅 ダイヤモンド 真珠 etc.

銅の鍛金作品にダイヤモンドと真珠Handmade
( 1200×1200×1000
2012初春~夏制作

K18イエローゴールドリング

ゴールドのダイヤモンドデザインリング

セットリングに見えるゴールドのダイヤモンドデザインリングです。

お買い上げくださり誠にありがとうございました。

ジュエリー Y.Okada 岡田彫金工房



 

ダイヤモンドリング

ダイヤモンドでダイヤモンドを石留

ダイヤモンドでダイヤモンドを押さえて、極力爪の数を少なくしてあるデザインのリングです。

この発想とこのセッティング技術は素晴らしい。
美しいダイヤモンドと相まって魅力的な指輪になっています。

お買い上げくださり誠にありがとうございました。

ジュエリー 彫金 Y.Okada



 

ダイヤモンドの周りをメレダイヤモンドで

お買い上げいただいた指輪デザインとほぼ同じような感じにもう1本、立爪ダイヤモンドリングからリメイクいたしました。
ご姉妹で同じ雰囲気のダイヤモンドリングをお着けになられます。
こちらの中石ダイヤモンドは0.7カラット余りあります。

プラチナダイヤモンドリング

ジュエリーを作る時は、時代に合わせて費用と時間とを勘案し最適な方法で制作加工をしていますが、ここではほぼ手の技術で作ったものだけを選んでご紹介しています。

ワックスで指輪の元型を作る方法も日々進化して、初期の蜜蝋からバリエーション豊富に分化し、手作業で蝋を伸ばしたり、道具を使って手で削ったり、パソコンのデータで削ったり、光をあて積層で形を作ったりし、手から機械へ機械からから電子へと制作方法が変遷しています。
今では合成樹脂が必需素材になりました。

ワックスで指輪を制作

このデザインのリングは、ハードワックスを彫って形を作りました。
プラチナにキャストするとほんの少し地金が収縮しますので、制作の初めの段階でその寸法も勘案して少し大きめにつくります。

またこのあとヤスリで削り鋳肌を整えますので、そのための余分の厚さも考えに入れてワックスのリングを作っています。

ハードワックスを手彫りした段階で、リフォームジュエリーのすべての良否が決定されますので、慎重に制作をいたしました。

プラチナにキャスティング後のリング

きれいにキャストできますと、プラチナリングに磨き加工を施します。
指輪が予定の寸法とピッタリ合って出来上がりますと、メレダイヤをきれいに並べて石留めすることができます。

同時に制作加工を承りました他アイテムのお品から外したダイヤモンドと、新たに追加したダイヤモンドを一緒に合わせてこの指輪を制作しています。

プラチナダイヤモンドリング

プラチナで予定していた計算上の目方よりも1割ほど余分に目方が付きましたが、しっかりときれいに完成いたしました。

とても喜んでくださり嬉しいです。

またのご依頼を心からお待ちしております。
いつもありがとうございます。

 

ジュエリーリフォーム/フルオーダー 岡田彫金工房