あこやパールピアスを

真珠のピアス。

片方を失ってしまったので、と、同じようにもう片方を作るご依頼を頂いていました。

ほぼ同じ大きさで、色で照りで巻きでと条件の合うあこや真珠を探して、ベストな一粒でピアスに。

ダイヤモンドが真珠の横に並んでいますので、K18イエローゴールド地金でパーツの加工から。

4本爪は16金ロウで直径1.3ミリのパイプにロウ付け、金地金を熔かさないように気をつけます。

横バーには14金ロウで、ピアスポストの皿には10金ロウでロウ付けしています。

上手く加工できましたので、全体をきれいに磨いて、ダイヤモンドを石留めし、爪をメインに再度最終研磨を施して、パールを接着できると、完成。

納品待ちの段階に入りました。

いつもご注文くださりありがとうございます。

カテゴリー: Blog

素材を熔解して混ぜて結婚指輪に

昨年末にご注文いただいたマリッジリングの制作が進んできました。

一旦光沢仕上げをして、出来具合いを確認している時の画像です。

このマリッジリングが特別なのは、お預かりしたお二人の大事なプラチナリングをルツボで一緒に熔かし混ぜた地金で、2本のマリッジリングに制作加工している、というところです。

ご来店くださり、デザインをご相談の上お決めになり、このプラチナ地金も使ってくださいと依頼される。

そして、それを実行して、お二人のオリジナルな素材をつくり、結婚指輪に作り上げていく。

そう出来るところがフルオーダージュエリーの良いところです。

既製品には存在しない価値があります。

とても値打ちがある結婚指輪です。

他には絶対に無い、お二人だけの大切な指輪に仕上がります。

カテゴリー: Blog

プラチナマリッジリング加工制作

素材を熔かし混ぜて角棒に作ったプラチナが、ペアのリングになりました。

ロウ付け目を無くす加工をし、硬く叩き締めてサイズを合わせ、ヘラ加工工程の途中画像です。

プラチナリングの幅と厚さは予定通りのピッタリに仕上げています。

この後は2本共照り出し加工の工程に入ります。

カテゴリー: Blog