イスタンブールのホテルで

トルコにご旅行されてお買い求めになられたネックレス。
イスタンブールのホテルでとても美しく輝いていました。

いつも着けられていると、1か所が折れて使えなくなってしまったので、お直しのご相談にお持ちくださいました。

宝石をうまく外すことが出来ればロウ付けして修理することが可能です、とお答えして、きれいにお直しいたします、とお預かりしました。

首元に添うようにきれいに作られているネックレスです。

正方形のネックレス用の大きな宝石箱に仕舞われているのに、24か所のうちの1か所で、宝石を伏せ込んである板地金が剥がれ千切れてしまっています。

ここを元通りに直すために、まず宝石を外すところからスタートします。

隙間に薄い工具を差し込んで少しずつ板爪を起こしていきます。
0.3ミリの厚さしかありませんので、無理をすると板爪が伸びてしまったり切れたりします。
宝石にも傷をつけないように慎重に加工作業します。

宝石を無事外すことが出来ると、次はカシメ部分の軸を外します。
丸棒ではなくパイプ状の軸が入っていますので、作業にはかなり困難が伴います。

それもうまく外すことが出来ると、ようやくロウ付け加工の段階です。
スターリングシルバーの厚さが0.3ミリと薄いですので、0.1ミリずれても3分の1以上のズレになります。位置決めが難しいです。
ロウ付け温度も大切で、炎の調節を慎重にしないと薄い板地金が融けてしまいます。

ロウ付け時の画像は、加工工程中の微妙な隙間に 0.何ミリかの小さな地金を追加ロウ付けしている時のものです。

きれいにロウ付けできて、宝石の石留め加工も終わると、次はカシメ加工です。

それぞれの工程で、磨いたり洗浄したりの作業工程を挟んでいます。

最終的に、全体をブラシ仕上げしてお直しは無事完了です。
美しくできました。

納品も済み、喜んでいただけましたので安心いたしました。
ご旅行の楽しい思い出が、またいつもでも続きますように。

リングやペンダントなどのジュエリーのお直しも上手くきれいにできると思いますので、またいつでもご用命くださいませ。お待ちしております。

ジュエリー メンテナンス / リフォーム 岡田彫金工房



 

ピアスを美しくリメイク

シルバーピアスをリメイク

お客様からお預かりしていましたシルバーのピアスリメイクが出来上がりました。
すっかりイメージチェンジしています。

シルバーピアスを真っすぐにリメイク

板状のパーツの先が曲がっていて耳たぶに着けにくいので、真っすぐに形を変えるご依頼でした。

曲がっている個所を直線に曲げ戻すと、地金の表側が縮み内側が伸びますのでしわが寄ったりヒビが入ったりします。硬化しすぎていると折れたりします。

そこを工夫して真っすぐにし、きれいに光らせて仕上げます。

ドーナツ形のパーツは金色で、直線の板はプラチナ色でのご注文でした。

完成しました。

 

シルバーピアス リメイク 岡田彫金工房


 

ティファニーピアスがペンダントに


お客様から先日お預かりしましたティファニーのピアス片方でペンダントトップをお作りしました。

ピアスポストを余すところなく全体を使ってネックレスチェーンの通る金具に作り変えています。
硫化した黒ずみは酸処理してシルバー本来の色に戻し、小傷やくすみは磨いてきれいに輝かせました。

出来上がったことをご連絡済みですので、納品待ちです。

バングルの寸法合わせ加工できました

大きいバングルを小さくします
先日お客様からお預かりしましたシルバーバングルを小さく加工できましたのでご紹介します。
小さくなったバングル
お客様の手首周りのサイズを測らせていただいて、手首側を左右でそれぞれ1センチ弱カットし、バングルの寸法を縮めました。

切断部分は丸く加工して肌に痛くないように作り直しています。

滑らかに磨いたあとは、バングル全体をプラチナ仕上げして、きれいに完成です。
輝いています。